So-net無料ブログ作成
検索選択

体が辛くなっても稼ぐために

体が辛くなっても稼ぐために働くか、体力を温存するかが悩みどころです。優秀な営業アシスタントを抱えているところでは、営業そのものの成績にも大きく影響すると言われています。営業活動に附帯するあらゆる業務をやり遂げなければ、営業の仕事はぐっとやりやすくなります。営業アシスタントは、その仕事内容から、細かい気遣いや気配り、調整能力、コミュニケーション能力が必要になってきます。営業アシスタントはそんな営業のサポート役です。引越しのアルバイトではどんなことをするのでしょう。

営業は会社の対外交渉全般を担当する部署で、注文の受注や客先との使用交渉、契約書や見積書の提出、納品などの仕事を行っています。担当の代わりに客先からの電話に出ることはもちろん、資料や見積書を作成したり、具体的なアポ取りやスケジュールの調整も営業アシスタントの仕事です。準備内容やサポート内容は的確に選択しましょう。女性の営業アシスタントが多いことも、この職種の特徴です。一戸建ての家に引っ越す場合は狭い廊下や階段を使って重い荷物を大量に運ばなければなりませんが、引越先がマンションならばエレベーターが使えます。引越業者のアルバイトの募集を探すか、直接申し込んだ方が、派遣の会社を仲介して仕事を探すより高い報酬が見込めます。

4月は引越しのピークなので、3月中旬から4月半ばまではアルバイトも大忙しになります。新しい引越し先がどんなところなのかでも、引越の苦労は違います。いずれも女性独特の優しい物腰や気配りなどが期待されているのです。これらの仕事を、営業担当が全てこなすことはかなりの無理があります。体のあちこちがひどい筋肉痛になることも珍しくありません。「縁の下の力持ち」的な営業アシスタントは、営業の中でもとても重要です。

営業の売り上げに関わる大事な仕事を担当しているのが営業アシスタントで、サポート業務といいながらも見過ごせないものがあります。では何をするのかは業種や担当部署によって違いがありますが、営業アシスタントは営業が働きやすいように色々な業務をサポートして仕事が能率よく進められるよう取りはからう役職です。営業アシスタントによって、営業の売り上げを上げる活動は支えられています。顧客相手の営業活動以外、事務的な付帯業務を滞りなく行う役割を担うのが営業アシスタントです。階段を使って全ての家具を搬入する場合などは、同じ家具を一階に入れる時やエレベーターが使える時とは労働の辛さが格段に異なります。会社にもよりますが、時にはお客様からのチップがもらえることもあります。

キャシーズチョイス お試し

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。