So-net無料ブログ作成

日焼けから来るイメージは

日焼けから来るイメージは人により様々だと思いますが、人の皮膚にはよくないことも少なからずあります。外出の際は、紫外線から肌を守るために、日焼け止めクリームなどを必ず塗るようにしましょう。日焼け止めクリームの効果が無いのと一緒です。体内ではビタミンDを作り出すことができるという太陽の光は、適度に体が浴びるとよいものなのです。

日焼けがもとで体を悪くしてしまうこともいろいろ研究されており、日焼けが原因で白内障になるということもわかっています。日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。紫外線を長年にわたって浴び続ければ慢性障害として光老化が起こります。メラニン色素が生まれると、同時にしみやそばかすもできてしまいます。

日焼けをしてしまうような環境の中でも、ひとつだけいいものは太陽のひかりなのです。日焼けは、紫外線が皮膚に当たることで、皮膚の中の基底層という部分でメラニン細胞が、紫外線からメラニン色素を作り出すことで起こります。紫外線が皮膚に入り込むと、皮膚からはメラニン色素が生まれ出され、皮膚にそのまま侵入させまいとするために起こる現象が、日焼けなのです。特に皮膚が弱くもない人であれば問題のない日光が、ある特定の皮膚の弱い人にとっては皮膚障害症状を起こしてしまう、光線過敏症も、紫外線でおきるのです。

日焼けした肌を単に健康的でいいと見ていた昔と違い、今ではそれだけのイメージではとらえないようになりました。日焼けはシミやシワをはじめとする皮膚の老化にもつながる要因になるため、20代以降の女性は特に注意が必要です。皮膚を黒くするのはUVAで、また皮膚を赤く日焼けさせるのはUVBなのです。日焼けの悪影響の知識もしっかり持った上で、健康を維持できる程度に日の光を浴びるようにするといいですね。

全身脱毛 通い放題

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。